Godier's biz blog

このブログは私の人生の目標『冬でも生きるキリギリスになる』ために、すぐに役に立つ情報を発信していこうと思います。

ブックメーカー投資

皆さんは「ブックメーカー」という名称を聞いたことありますか?

簡単にいうと、イギリス・ロンドン政府公認の公営スポーツギャンブルの胴元のことですが、
宝くじやスポーツ振興くじは主催者が30~40%の利益を確保してから賭け金を勝利者へ分配するのに対し、
海外ブックメーカーは4~6%の手数料のみを受取り、その他は全て勝利者へ賭け金を返還しています。

ブックメーカーは賭けの胴元というより、両替商などに近い手数料ビジネスといえるかもしれません。

大きなスポーツのイベントがあると必ず名前が出てくるWilliam HILLや、
サッカーチームのスポンサーもしているbwinなど社会的認知度も高いです。


このブックメーカーを投資として利用しようというのが、ブックメーカー投資です。

先程も書いたように、ブックメーカーは胴元ではなく、掛け金の中から手数料を数%引くだけなので、
還元率がメチャクチャ高くだいたい95〜98%ほどあります。
日本の宝くじは45.7%、サッカーくじ(ToTo)49.6%、
競馬・競輪・競艇等58.5%、パチンコ70〜85%と、
宝くじはブックメーカーのおよそ半分くらいなので、コレを知ってしまうと
ジャンボ宝くじに何時間も並んでいる人がバカみたいに見えてしまいますね。


では、このブックメーカーの何に賭けるのか?


あなたは、サッカーのルールを知ってますか?
オフサイドだなんだとか、難しいことは知らなくていいです。

ただ、サッカーは

・前半45分、後半45分のスポーツで、ゴールにボールをいれたら1点
・得点が入りにくいスポーツである

これだけ覚えてくれれば大丈夫です。


そして、ちょっと考えてみて欲しいのですが、

後半70分くらい
スコアは0−0で、試合は膠着状態で全然点が入りそうもない

こんな状況で、あと3点得点って入ると思いますか?
言い換えれば、とても均衡したサッカーの試合で、20分間で3点入ると思いますか?
っていう話です。


まぁ、普通に考えれば、あと3点なんて入らないですよね


そして、ブックメーカーは、日本のサッカーくじみたいに試合の勝ち負けとかだけではなく
「今の時点から試合終了までに、あと3点はいらない」っていうお金の賭け方ができるんです。


そうすると、ほぼ100%勝つことができるんですが、勝つと賭けたお金の1.05〜1.08倍くらいお金が増えます。

つまり、30,000円をこの「ほぼ100%勝てる試合」に賭ければ、20分後には1,500〜2,400円くらいプラスになっているわけです。


そして、このブックメーカーは世界中のサッカーの試合をカバーしてるので、
「後半70分で、もう点が入らなさそうな試合」なんて、一日でたくさんあります。

仮に、一回30,000円を毎日5試合、月22日賭けたとしたら
2,000円×5試合×22日=月22万円の利益

これは非常に現実的な最低限の話で、もちろん投資する金額や投資する試合の数を増やせば、もちろんもっと利益をあげることも可能です!


こうやって、「必ず勝てる試合にお金を賭けて資産を増やしていく」というのは、
もはやギャンブルではなくて「投資」と言ってもいいのではないでしょうか。


実は、すでに数万試合のデーターをとって「ほぼ100%勝てる試合」の条件を検証しているので、
このどういう試合なら投資していいという条件は、もはや「統計」であって、この勝率っていうのはブレないんですよね。


そして、そんな投資を楽にしてくれる便利なツールも作ってあります。

常にブックメーカーのサイトを監視して、「後半70分で、もうこれ以上点が入りそうにない試合」を探してくれて、
そんな試合があったら、メールでお知らせしてくれるツール

しかも、そのメールにはその試合の直リンクが貼ってあって、それをクリックするだけで、該当する試合に投資できちゃうツール

さらに言えば、スマホだけでできちゃって、数回タップするだけで投資が完了して稼げちゃうようなツール


前例のないツールなんで、開発に莫大なお金がかかったのですが、まさに「打ち出の小槌」のようなツールができあがりました!


さらにこのツールを使い、ほぼ100%勝てる試合に投資し(賭けて)、資産を増やすためのグループもあります。
このグループでは勉強会など随時開催して成功体験もシェアし、グループ全員で稼いでいこうという趣旨で活動しています。


自分さえ儲かればいい!という考えの人はご遠慮願っているので、あしからず。


興味のある方は、LINE@に登録して連絡してください。
友だち追加

投稿日:2017/06/09 更新日:

執筆者: